GLOSSARY用語集

ZEH

ぜっち

解説:

「ZEH」は“Net Zero Energy house”の略称です。読み方は「ゼッチ」、あるいは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」です。こちらはZEBに比べると比較的聞きなじみがあるのではないでしょうか。新築の家を建てるときに、ZEHを意識して建築会社を選ぶ人もいます。

ZEHとZEBは、基本的には同じ考えに基づきます。ZEHの場合も、「使うエネルギーー作り出すエネルギー=0になることを目指す家」となります。ただZEHは一般的な住宅を指すのに対し、ZEHは建築物(病院など)を指す言葉だと考えると分かりやすいでしょう。

なお、ZEBに関する詳しい説明はこちらをご覧ください。

ZEHもまた、「まずは使うエネルギー量を減らすこと」が重要視されます。そのため、空調に頼る必要性が薄い家であることが必須条件となります。このため、ZEHには外断熱工法がよく用いられます。ただ、使うエネルギーは、どれほどがんばってもゼロにはなりません。そのため必ず「エネルギーを生み出す装置」が必要となります。これは一般的に創エネと呼ばれます。太陽光発電装置などがその代表例であり、ZEHは太陽光発電装置がついていることが前提となります。

この用語のカテゴリー

お問合わせはお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

0120-60-9444

10:00~12:00、13:00~17:00

※土日祝を除く

システムメンテナンスのため

2021年9月30日(木)の電話受付はお休みです