電子ブレーカー + 急速充電器

quickcharge_top

エスコは、急速充電器と電子ブレーカーを組み合わせた充電(電気料金削減)方法で2012年に特許を取得しました。この手法により低コストでの急速充電器の設置と30~40%の大幅な電気基本料金の削減が可能となり、課題とされてきた急速充電器の設置コストと電気代の削減策として電子ブレーカーの導入が進んでいます。

急速充電器向け省コストソリューション(導入メリット)

近年の電気自動車の普及とともに急速充電器は高速道路、地方自治体、道の駅、カーディーラー、レンタカー会社など、全国で6000ヶ所以上に設置されています。当社の電子ブレーカは、ほぼすべての高速道路のサービスエリアで利用されるなど、効果的な省コスト機器として下記の理由で導入が進んでいます。

1.イニシャルコストが安い
1需要地2引込みの制度を用いることによりキュービクルの新設・増設が不要で高圧受電に比べて安価な導入が可能です。
2.ランニングコストが安い
当社電子ブレーカーの導入により電気基本料金が30~40%下がります。急速充電器と電子ブレーカーの組み合わせは当社が特許取得していますので、当社のみが提供できるランニングコスト削減ソリューションです。
3.現地調査から補助金申請、設置工事まで、エスコならワンストップで対応可能
急速充電器導入に伴う全てのプロセスを当社で実施しますので、お客様の手を煩わせず迅速かつ安全に導入することができます。

これまでの電気自動車用急速充電器の導入課題

電気自動車(EV)を充電するのに必要な急速充電器には、急速充電器本体の価格もさることながら、キュービクルの新設・増設をはじめとした付帯工事に多大な費用を要し、急速充電器普及の阻害要因となっています。

エスコなら低価格で急速充電器を設置可能(特許技術)

電気自動車の急速充電器用に認められた1需要地2引込みの制度を用いることで、現在の契約が高圧・低圧のどちらでもキュービクルの増設・新設なしで急速充電器を導入することができます。また、急速充電器設置の際には電子ブレーカーを用いることで、電気基本料金を大幅に下げることができ、ランニングコストも安くなります。

当社は、2012年12月7日に急速充電器と電子ブレーカーを組み合わせた充電(電気料金削減)方法で特許を取得しました(特許第5147931号/充電器及び充電方法)。 この特許技術を用いたエスコのソリューションを用いることで、イニシャルコスト、ランニングコスト共に低減して、急速充電器を設置することが可能になります。この特許技術は当社に独占権がありますが、当社の電子ブレーカーを利用いただけるお客様には、特許権のライセンスを付与させていただきます。

各自治体の補助金制度を活用して、さらにイニシャルコストを抑えられる場合があります。

お問い合わせ・各種資料請求

多数製品・サービスをご提供しております。詳しくは弊社まで、お気軽にお問合せください。footer_inquiry
無料診断も行っております。

商材・サービスについて
お問い合わせはこちら

0120-60-9444

9時~18時(土日祝を除く)

お問い合わせ

多数製品・サービスをご提供しております。
お気軽にお問合せください。

商材・サービスについて
お問い合わせはこちら
0120-60-9444

9時~18時(土日祝を除く)

電子ブレーカー + 急速充電器 導入事例

mitsubisi04

No.052|三菱自動車販売 様
特許『急速充電器+電子ブレーカー』で大幅なランニングコストの・・・

他社とは一線を画す電気基本料金削減提案。 電気料金の削減について検討していた矢先、エスコさんより連絡をいただ
tottori05

No.051|鳥取市 様
市営施設内急速充電器に電子ブレーカーを併設。年間約50万円基本料金削・・・

急速充電器のランニングコストは高額。ディーラーも打開策を知らず。 省エネに対する取り組みの一環として「市営片
autolook04

No.028|日産部品埼玉販売 様、オートルック 様
電子ブレーカーの併設で、低圧電力のまま急・・・

急速充電器を設置すると高圧電力に契約変更が必要に。キュービクルの設置工事は250万円相当。導入に踏みきれない
ページ上部へ戻る