キュービクル

cubi_photo-e1452234580489

キュービクルとは、施設の敷地内に設置される受電設備で、発電所や変電所から送られる6600ボルトの電気を一般施設で利用可能な100Vや200V等の電気に変換する設備です。キュービクルは大型の設備であるため、集合住宅やオフィスビルの、駐車場の隅や屋上等に設置されている場合が多いです。戸建て住宅や小規模な施設の場合は、電力会社が設置する、キュービクルを使用する場合に比べて電力単価の高いトランス(電柱の上に設置されるポリバケツ状の装置)を使用することが多いのですが、キュービクルを使用する場合は、このトランスを介する必要がありません。したがって、キュービクルは、トランスを利用する場合に比べて設置費用がかかるものの、電力単価を安く抑えられるため大量の電力消費が見込まれる施設に向いています。

ページ上部へ戻る